消費税が10%になると会社が潰れるというのは本当か

5%から10%に上がると、会社が潰れると言われることがある消費税の増税。
社長さんに言われると、心情的にはとりあえずは同調してしまうけれど
理論(制度)的には、会社には全く影響しない。

簿記の基本で、売上が100万で外税の場合
売上100万+仮受消費税5万となり
これが消費税10%でも仮受消費税10万となるだけなので
売上にはなんら影響しない。
つまり、消費税は、単なる預り金(課税庁の考え)と思えばいいのですが
口座に入金してしまえば、預りもクソも一緒ですから
納税のときにゾッとする心情はよーくわかります。

でも、やはり消費税の納税が経営を圧迫する、ということは
理論上は、ないんですね。
カテゴリー: 未分類   パーマリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

*

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <strike> <strong>