消費税が10%になったら、損をする業種

この前、消費税が10%になっても理論(制度)上は、会社の経営を圧迫しない
と書きましたが、厳密には、例外的なものもありますので
ほとんどの会社には影響しないと訂正します。

では、例外的なものとは何かといいますと
それは、『居住用マンションの収益物件』を購入したときです。
(事務所用は除きます。)
例えば、マンションの購入金額が1億円(建物部分のみ)の場合
消費税は、5%だと500万です。
で、実はこの500万は、売上にかかる消費税から差し引くことは出来ず
つまり、購入した会社が負担して完結します。
10%になったら、1,000万もの消費税を負担することになります。

消費税を実質的に負担者するのは、最終ユーザーとなっているので
ほとんどの場合は、一般の消費者が割りを食うのですが
『居住用マンションの収益物件』を購入する場合は、別です。
10%になったら、購入した会社の負担が増えてしまいます。

カテゴリー: 未分類   パーマリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

*

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <strike> <strong>