減税と低料金の関係

名古屋市長は、口を開くと、減税、減税と言っていました。
与党になる直前の民主党もそんな感じでした。
普通に考えれば
最初にどういう国・町づくりをするのか、があって
次にどれだけの予算がいるのか、を検討して
その後、現在の税収がいくらか、を調べて
最後に、減税する!となるのが、まっとーな人だと思います。

それをしなっかた(できなかった)
民主党は、与党になったとたん、手のひらを返したように
今は、増税一辺倒です。

税理士の業界に話を移しまして
会計事務所のホームページをいくつも見てますと
内容はさて置いて、とにかく安い料金だけを宣伝しているところがあります。
そうです。
前述の政治家と同じ匂いがします。
実際、契約したら、思わぬ出費がある、という話は、本当によく聞きます。
注意しないといけません。

ちなみに、私が同業者のホームページを見ていて
いい事務所だなーと感じるのは
どこも派手さのない、地味な印象のつくりをしています。


カテゴリー: 未分類   パーマリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

*

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <strike> <strong>